母語

Legal translation

母国語(主要)言語での文書は、常に最良の選択です!
日常的に当社に委託される様々なプロジェクトを通じて、表向きは翻訳料の削減を目的とすることにより、ネイティブスピーカが編集するように指示される英語での文書の直接的な起草にお客様が取り組む傾向が増えている最近の傾向に当社は気がつきました。
このように取り組む前に、お客様の考察のために、以下の注意点をご提案します。
1)会社の社内ライタ ー エディタがこの作業に費やす時間 自らの母国語(主要)言語以外での記述は、自らの母国語での記述の場合よりも平均200%から300%以上の時間を使うようになります。
2)考えや真意が正確でない方法で伝わるかもしれません。誤った解釈または起こりうる誤訳の潜在性
3)レヴューやエディティング作業は、直接翻訳する場合よりも多くの時間と労力が必要となることがあります。
4)徹底的な見直し後でさえも見落とす間違いの潜在性
すべての文書のドラフティング/ライティングは、母国語を話す翻訳者によって展開および記述された進展最適品質の考えぬかれた翻訳を保証する目的で、自らの母国語(主要)言語で対応することを当社は真摯に推奨します。
良い翻訳として翻訳を限定する主な規準は、読者にとって翻訳に微塵も疑いを持たないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です